ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)から、性的暴行を受けたとして民事訴訟を起こされ、東京地裁から330万円を支払うよう命じられた元TBS記者・山口敬之氏(53)が19日、外国特派員協会で会見を開いた。海外の記者から「逮捕状の取り下げは、安倍政権と関係あるのか」などの質問が殺到。これに対し、山口氏は「私は逮捕状が出されたのかどうか知らない。出てるかどうか知らない逮捕状のことを私は誰にも頼むことはできない。政治家にも官僚にも警察にも何も頼んでいない」と繰り返した。山口氏の会見後、同じ場所で伊藤さんも会見を行った。政治的な影響があったと考える理由を問われた伊藤さんは「彼の帰国時、大勢の捜査員が成田空港で待っていたのに、裁判所が出した逮捕状が使われなかった」と述べた。そのうえで「この珍しい決定の経緯が明らかになるなら知りたい。私に起きたことはどんな事件でも起こり得る」とした。そして、裁判への協力を申し出た人たちに対して、感謝の言葉を口にし「性犯罪は閉じられた場所で行われるもの。なので、その前後を見た人たちが本当に重要。その声がもっと出て、その声が守られる動きになったら、難しいケースでも解決につながるのではないか」と述べた。
[テレ朝news]