紀平梨花は今、ロシアの神々に挑もうとしている。
その為には、国内のレベルを全体的に上げていく必要がある。
ロシアからコーチを招くなり、ジュニアの育成にもっと
真剣に取り組んでいって欲しい。