いよい今年最後のフィギュアスケート・が始まりましたね。
注目はもちろん紀平梨花選手。
でも得意とする冒頭のトリプルアクセルの着地が、あわや後方に転倒か
ナーンんて思わせるような危ない着地でしたね。
このステップアウトするミスが出て得点を伸ばしきれませんでした。
一応参加選手の中ではトップに立ちましたが特典が73・98点と
思ったほどに伸びませんでした。
本番というのは、いろんな要素が絡んで難しいもんなんですね。
練習ではトリプルアクセルも何度も難なくこなしていたんですが。
不思議ですよね。フリーに期待したいところです。
それと先のグランプリファイナルで優勝したアリョーナ・コストルナヤ選手の 
ショートプログラムと比較したんですが、やはりスピードの緩急、安定さ、美しさを
比べるといまいちの感がします。皆さんはいかがお思いでしょうか。