日本テレビ系「ぐるナイ【ゴチ最終戦~史上初!生放送でクビ大発表!大精算SP今年はクビ2人】」が21日、放送され、ナインティナイン矢部浩之(46)とTOKIOの国分太一(43)がゴチメンバーを“クビ”となった。矢部が4度目のクビとなり、「俺、クビや。俺、クビや」と繰り返した。ラストにキャビアをオーダーし、これが響いた。矢部は「めちゃめちゃ高かった」と悔しがった。矢部は「何とかなりませんか!?」とスタッフに懇願。「ゴチが終わって、めちゃイケも終わるんです。子供2人おるんです。養っていかなあかんのです!仕事なんでもします!」と訴えた。国分は19年間出演し続けてきただけにショックの表情がありあり。大杉漣からは「ここにいらっしゃらなければならない存在。毎回毎回、勝負だった。ありがとうございました」と礼を述べた。岡村隆史は「国分君、ゴチはクビになったけど。『温泉クイズ』またやろう。お疲れさま」と別れの言葉を送った。国分は一番最初から出演してきたことを振り返り「19年やって、今こうやった仕事できているのはナイナイさんのおかげ」とコンビに感謝。「19年、もう卒業しなきゃいけないのかといつも思っていました。ポジティブに考えて次のステージに行けたらなと思います。