★チャンネル登録:

 1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから42年。永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる唯一の映画の完結編であり、スカイウォーカー家の物語を描く、最後の「スター・ウォーズ」、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)に日米同時公開となる。

 この度、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開記念「スター・ウォーズ歌舞伎」に、市川海老蔵の息子・堀越勸玄くんの出演が決定。

 “スター・ウォーズ歌舞伎”とは、海老蔵自身が監修・主演を務め、「スター・ウォーズ」を歌舞伎の世界で描いた物語。「スター・ウォーズ」の世界観を表現する映像演出と、日本の伝統芸能である歌舞伎が融合した1日限りのスペシャルパフォーマンス。映画シリーズの根幹をなす、スカイウォーカー家の「家族の愛と喪失」をテーマに描く。

 海老蔵が演じるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より登場し、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レンを歌舞伎の世界で描く“魁 煉之介〈かい れんのすけ〉”。魁 煉之介は父親である半蔵(ハン・ソロ)との親子関係に葛藤し、上司である敷能 角(スノーク)との確執、そして唯一無二のジェダイマスターにして師でもある琉空(ルーク・スカイウォーカー)との関係に悩み、正義と悪の狭間で揺れ動く人物。勸玄くんは、海老蔵演じる魁 煉之介の幼少期を演じる。